謎・5:1900年に発表された、日本独特の『シンデレラ』とは?

『シンデレラ』といえば、お城や舞踏会などが出てくるので、欧米のお話のイメージがありますよね。


でも、日本に住んでいても『シンデレラ』のお話を知らない人はほとんどいないと思いませんか?

一寸法師、桃太郎、白雪姫、眠り姫・・・など、きっと皆さんも幼い頃に読んだり聞いたり見たりしたおとぎ話。

『シンデレラ』も、その中のひとつではないでしょうか。


では『シンデレラ』のお話はどのように日本に広まっていったのでしょう?



実は、1900年に日本の小学校の国語の教科書に『シンデレラ』のお話が掲載されました。

欧米から伝わってきたお話を翻訳したのは、坪内逍遥(つぼうちしょうよう・1859〜1935年)。

逍遥は明治時代に活躍した小説家、評論家、翻訳家、劇作家で、シェイクスピア全集の翻訳なども手掛けています。



さて、100年以上前の日本。

現在の私たちとは、考え方も、生活様式もまだ随分違います。

大半の人が、着物を着て草履を履き、畳で生活している当時の日本人にとって「ガラスの靴」や「舞踏会」と翻訳して、物語として理解できるのだろうか・・・?

おそらく、そう考えたであろう逍遥は、シンデレラのお話に出てくる特徴的なものを、当時の日本人が親しみやすいものに置き換えて翻訳しました。


「シンデレラ」の名前は「〇〇〇」に。

「ガラスの靴」は、「〇〇〇」に。

「舞踏会」は、「〇〇会」に。

「12時の鐘」は、「〇〇時」に。


さて、一体何に置き換えて翻訳され、日本独特の『シンデレラ物語』が誕生したのでしょうか?

とても気になりませんか??


その答えを知りたい方はぜひ、私たちプリンセスミュージアムの展覧会やイベント、シンデレラ研究家・川田雅直の講演などに、見つけに来てくださいね!

きっと、今まで知らなかったワクワクに出会えますよ。


さらに、この絵が描かれている絵本はの復刻版を「プリンセスミュージアム」の公式ECサイトから購入できますので、ぜひ探してみてください。

アンティーク絵本 復刻本シリーズ3「おしん物語」(シンデレラ翻訳)

https://atc.official.ec/items/28013332

珍しい日本ならではのシンデレラの世界を、ぜひ楽しんでくださいね!






原案/シンデレラ研究家 川田雅直

文・構成・デザイン/米山美穂



◆「シンデレラの謎と秘密」を読みたい方はコチラ

#シンデレラの謎 #シンデレラの秘密 #世界のシンデレラ

ーーーーーー

イベントなどの最新情報はこのホームページやSNSでお知らせしています。

◆公式インスタグラム:https://www.instagram.com/artrancechurch/

◆公式Facebook:https://www.facebook.com/princessmuseum/

ーーーーーー

プリンセスミュージアム (PRINCESS MUSEUM・かわたまさなおコレクション)とは~ 

世界記録No.1のプリンセスの貴重なコレクションを所有し展覧会やイベント、オリジナルグッズ販売をしています。

収益の一部は、国立成育医療研究センターで病気と戦っている子どもたちやそのご家族のためのボランティア活動に寄付いたします。

・国立成育医療研究センター : https://www.ncchd.go.jp 

・もみじの家 : http://home-from-home.jp/   

ーーー

・オリジナルグッズ公式WEBショップ:https://atc.official.ec/categories/633509

・LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/1277456

・LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40ubt2905m(「友だち追加」で最新情報をお届けします。)

・シンデレラ研究家・川田雅直著:書籍『世界のシンデレラ』(2019 PHP研究所)

ーーー