おうちでシンデレラ展⑦「明治時代のシンデレラ」

残念ながら今年は中止となってしまった「シンデレラ展」。

開催会場の高知県立文学館さんの公式サイトで「おうちでシンデレラ」という企画をしてくださっています。


第七弾は「明治時代のシンデレラ」。


今の私たちがよく知る「シンデレラ」が日本に紹介されたのは、明治時代です。


翻訳で最も早い時期のものと言われているのは「郵便報知新聞」に掲載された矢野龍渓「倫敦の年末芝居」(明治19)。

矢野は、西欧のおとぎ話を知ることで、外国人と親交をさらに深められるという信念を持っていたようです。


今回のシンデレラクイズも、ぜひこちらのサイトでチェックしてみてくださいね。

https://www.kochi-bungaku.com/4712/


ーーーーーー

プリンセスミュージアム (PRINCESS MUSEUM・かわたまさなおコレクション)とは~ 

プリンセスの貴重なコレクションを所有し展覧会やイベント、オリジナルグッズ販売をしています。収益の一部は、国立成育医療研究センターで病気と戦っている子どもたちやその家族のためのボランティア活動に寄付いたします。

・国立成育医療研究センター : https://www.ncchd.go.jp 

・もみじの家 : http://home-from-home.jp/   

ーーー

・オリジナルグッズ: https://atc.official.ec/categories/633509

・LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40ubt2905m(「友だち追加」で最新情報をお届けします。)

・LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/1277456

ーーー