京都国際映画祭オープニングセレモニー

今回、フィルム上映で参加させていただくことになった、「京都国際映画祭」のオープニングセレモニーに出席いたしました。
プリンセスミュージアムは今回、上映を行なう立場ということで、光栄なことにレッドカーペットを歩かせていただきました。

セレモニーが行われたのは、京都の世界文化遺産のひとつでもある西本願寺 南能楽堂
現存する能舞台としては、日本最大のものとして、重要文化財にも指定されています。
そして私達はその向かいにある国宝 鴻の間に用意されている席から、セレモニーを拝見させていただきました。
普段はなかなか入ることのできない場所には、豪華で重厚な襖絵や欄間、お庭などがあり、素晴らしい空間でした。

揃いの黒留袖を着た祇園甲部の芸妓さんによる手打ちからスタートし、次は三味線や笛、太鼓をバックに芸妓さんたちが拍子木でリズムを取りながら歌う「七福神」「花づくし」。

そして藤井隆さんの司会進行のもと、笑福亭仁鶴師匠、映画監督の奥山和由さん、アンバサダーの三田佳子さん、西川きよし師匠、桂文枝師匠、など様々な方のご挨拶や、三船敏夫賞を授賞された佐藤浩市さんなど各賞の授賞式が行なわれ、とても華やかなセレモニーでした。

吉本興業さんが主催されている京都国際映画祭。
たくさんの芸人さんがいらっしゃっていて、出品映画作品に出演されている俳優さん、女優さんもお見かけしました。

また、その後のオープニングパーティにも参加させていただきました。

こちらも、芸妓さんによる踊りでスタート。
そしてセレモニーで舞台に上がられていたみなさまが、こちらの舞台でも。

会場には舞妓さんもいらして、とても京都らしい雰囲気でした。
映画祭で上映される各作品もスクリーンで紹介され、私達の上映会も映し出されました。
本日10/12(金)、19:00から開催するこの上映会「シンデレラ・プリンセス特集」では、パーティで司会進行をされていたロバータさんがMCをしてくださいます!
上映会の詳細はこちら

素晴らしい映画祭に上映参加させていただきますこと、またこのような貴重な機会をいただきましたこと、誠に光栄に思っております。
機会をくださった吉本興業さま、おもちゃ映画ミュージアムさまには、心より感謝を申し上げます。

上映会へのみなさまのご参加、お待ちしております!