小学校でランタンスライドの上映会を行いました。

100年ほど前、まだ映画やフィルムが無い時代に楽しまれていたものに「ランタンスライド」があります。

ガラス板に描かれた絵を、幻灯機でオイルランプの明かりで壁に投影して、絵を見ながら朗読や音楽を聴いて楽しむ催しです。


プリンセスミュージアムのコレクションには、そんな100年以上前に実際に使用されていた貴重な「シンデレラのランタンスライド」があります。

いつも展覧会をする際は、このランタンスライドをデジタル化・映像化して上映させていただいています。


でも、実際に幻灯機で上映会をしてみたら、どんなに素敵だろう!

ということで、今回、横浜市立日野南小学校の先生方のご意向により、この「シンデレラのランタンスライド」の上映会をすることになりました。


今回、上映会に参加してくれたのは2年生のみなさん。

暗闇の中で、上映の準備が始まります。

ランタンスライドの操作はコレクターのかわたまさなお。

後ろでみんなが、ワクワクしながら上映が始まるのを待っています。


先生のお話の後、いよいよ上映が始まります!


先生によるお話の朗読。

それに合わせて、スライドを差し替えていきます。

浮かび上がる絵の美しさ、みんなじっと見つめています。


途中で、先生たちによる生演奏も!

ピアノとフルートの音色がとても素敵でした。


上映終了後は、ランタンスライドについて、先生とかわたからお話。

初めて見るランタンスライドに、みんな興味津々です。

先生:「この絵が描かれている板、何でできていると思う??」

子供たち:「何だろう〜〜?」

子供たち:「わかんない〜」

子供たち:「・・・プラ板!!」

子供たち:「そうだ〜〜!プラ板!プラ板!!」



おぉ〜、プラ板!おもしろい発想です!


先生:「実は、ガラス、なんですよ〜」

子供たち:「え〜〜!!(ビックリ)」


まさかガラスだとは思わなかったようです。



その後は、ランタンスライドを見た子供たちの感想タイム。

「きれいだった」「おもしろかった」

「昔の人はすごいと思った」

「今と違うと思った」

「板を逆さまに機械に入れているのに、絵が逆さまにならないのが不思議だった」など、

みんなの素直な気持ちを発表してくれました。


みんな、それぞれに何かを感じてくれたようです。


上映終了後、教室に戻って感想文を書いてくれたとのこと。

見せて頂くのがとても楽しみです!


そして授業終了後、先生たちとお話をさせていただきました。

「今日の経験が、子ども達の5年後、10年後でも、何かの時にきっかけになったり、役立ったりしたら、それが何よりとても嬉しいんです。」

そんな風にお話しされる先生も、とても素敵だなと思いました。

本当に、そうなったら私たちも嬉しいです。


横浜市立日野南小学校の2年生のみなさん、先生方やご協力くださったみなさん、

ありがとうございました!!