雑誌「Lightning(ライトニング)」で特集されました。

本日、5月30日発売、アメリカンカルチャーを追求する雑誌として男性に人気の『Lightning(ライトニング)』さんが、私共プリンセスミュージアムの代表でコレクターの かわたまさなお とコレクションを、4ページに渡り特集してくださいました。

「MUSEUM IN THE POCKET 〜ポケットの中の博物館」という特集で取材していただきました。


絵本に囲まれたかわたの写真、コレクションをきれいに並べるのにちょっと苦労しましたが良い写真が撮れました!


これだけ並べてみても、コレクションの本当にちょっとだけ、ごく一部でした。

コレクション全部を広げたらどれだけの面積になるのか、、、いつかやってみたい気もしますが、作業時間を考えると恐ろしいです。

(かわたが聞いたら「やりたい!」と言われそうなので、ここだけの話にしておきます。)


撮影・取材時の様子です↓


普段は満面の笑みでの撮影が苦手なコレクターかわた ですが(笑)、カメラマンさんにリードされていい笑顔になりました!

かわたのアンティーク絵本コレクションは、『シンデレラ』などのプリンセス絵本が注目されることが多いのですが、『オズの魔法使い』や『不思議の国のアリス』もたくさんコレクションしています。

今回は男性向けの雑誌ということで、男性目線でこれらの本にも注目して取材してくださいました。

これまでの女性やお子さん向けのとはまた違った視点は、コレクターとしてのマニア心をくすぐる内容でとても面白く男性読者の方がワクワクしてくださるのではないかと思います。

聞くところによると、女性のコレクターはほとんどいないそうで、世の中のコレクターの大半は男性だそうですよ!

そして現在、軽井沢で開催中の展覧会「シンデレラ&プリンセス絵本展」についてや、私たちの活動のきっかけでもある「医療的ケアが必要な子供のためのケアハウス(もみじの家)への寄付」についても丁寧に触れてくださり、とてもステキな特集にしてくださいました。


他にもアメ車やアート、宇宙の特集など読みごたえのある興味深い内容盛りだくさんの『Lightning』7月号。(https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/lightning-464999/

ぜひ、お手に取ってみていただけたら嬉しいです!


余談ですが、目次ページの「とことん突き抜けたコレクターが登場。」というフレーズ、とてもいいなと思いました。

かわたもコレクターとして、とことん突き抜けていますので、、、!(笑)


ーーーーー 

PRINCESS MUSEUM(プリンセスミュージアム) http://www.princess-museum.com 

・プリンセスの貴重なコレクションを所有し、 展覧会の開催やオリジナルグッズを展開しています。 ・この活動は、重い病気を持つ子どもと家族への 支援の輪を広げるための広報・啓蒙活動で、 収益の一部を国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)のボランティア活動(※)に寄付しています。 

※国立成育医療研究センター :子どものための高度専門医療・小児救急認定施設病院 https://www.ncchd.go.jp

※もみじの家 : 医療的ケアが必要な子どものための短期医療型入居施設(国立成育医療研究センター併設) http://home-from-home.jp/

ーーーーー 

軽井沢ムーゼの森にて展覧会「シンデレラ&プリンセス絵本展」開催中!

http://www.princess-museum.com/posts/3657600?categoryIds=109274

ーーーーー 

オリジナルグッズ販売中: https://atc.official.ec/categories/633509 

ーーーーー