オイルランプの明かりで実験

先日、横浜市立日野南小学校の2年生のみなさんと行なった100年前の「シンデレラのランタンスライド」の上映会。

(上映会の様子はこちら→「小学校でランタンスライドの上映会を行いました。」)


上映会では、幻灯機の中に電球を入れて上映したのですが、

「100年前のように、オイルランプの明かりで上映したらどうなるの?」ということで、

上映会終了後、理科の先生と一緒にオイルランプで実験してみました。

装置にオイルを入れて火をつけました!

これを幻灯機にセットします。

上から覗くと、炎が見えます。


どんな風に見えるのか、先生たちも興味津々です。


明かりを消して、ガラスに絵が描かれたスライドをセットします。

正面から幻灯機を覗いてみると、ガラスに描かれた絵が逆さまに見えます。

炎の明かりにゆらゆらと照らされて、とても幻想的です。


本当にほのかな明るさ。

手を近づけてもぼんやりと明かりが写るだけです。

はたして壁に照らして、絵が見えるのでしょうか・・・。


いよいよ壁に照らしてみます。

残念〜!

やはり、明かりがほのかなので、絵が見えてきませんでした。


もっと完全な暗闇なら、見えるのではないか、とのこと。

体育館の中は完全に真っ暗にすることができないので、これが限度でした。

夜だったら真っ暗にできたかもしれないですね。


きっと100年以上前は、完全に真っ暗な中で上映していたのでしょうね。

きっと、とても幻想的だったことでしょう。

オイルランプの明かりでの上映、いつか成功させてみたいです!


ご協力くださった先生、貴重な体験をありがとうございました!




ーーーーー 

PRINCESS MUSEUM(プリンセスミュージアム) 

http://www.princess-museum.com 

ーーーーー 

オリジナルLINEスタンプ「シンデレラ(アンティークブック)」 

http://line.me/S/sticker/1277456 

ーーーーー 

オリジナルグッズ 

https://atc.official.ec/categories/633509 

ーーーーー