美女と野獣の復刻本、販売が始まりました。

プリンセスミュージアムのアンティーク絵本 復刻本シリーズ、

5冊目として「美女と野獣」が発売になりました。


ウォルター・クレインが1874年に描いた絵本の復刻本です。

これまでの復刻ミニ絵本シリーズと違い、今回の絵本は、

1874年出版当時と同じそのままのサイズで復刻した、大きな絵本となっています。


19世紀後半にイギリスで活躍した、現代の絵本の基礎を築いた重要な画家の一人である、ウォルター・クレイン。

現在、千葉市美術館でも「ウォルター・クレインの本の仕事展」が開催されています。


そして、4月からディズニー映画の実写版「美女と野獣」も公開しています。


今、大注目の「美女と野獣」の物語を、ぜひ素敵な絵本でも楽しんでいただけたら嬉しいです。


千葉市美術館ミュージアムショップや、こちらのWEBショップでご購入が可能です。


現代版、ディズニー映画との違いも、楽しんでみてくださいね。

日本語訳もついています。